カテゴリ:文芸/雑記( 1 )

書籍の貸与権問題

 本のレンタルにおける著作権、「貸与権」の議論がくたばれ!さくらいさんでなされています。僕はこの問題はもちろん、法律が通ったことすら知りませんでしたが・・・。 産経web 要点は、新刊を購入する人/古本を買う人/有料でレンタルする人/図書館(無償)で借りる人など、書籍に支払う対価の異なる人々が平等であるためにはということです。

 それぞれのblogで論点が食い違っているように思います。結局の問題は著作者や出版社に金が入らなくなると経営が厳しくなり、従って質も落ちていくという悪循環に帰結するという点です。個人的には書物は文化であり、文化財(知的財産)には絶対的な保護をしてもらいたいと思います。とはいえ現代の社会において特定のジャンルだけを特別扱いするわけにはいかない。書籍のあり方を見直す機会とみていいのではないでしょうか。問題はどれだけ出版サイドがメリットを得るかということ。図書館のあり方も変わって当然ですよね。

 活字文化の供給方法が多様化している今、新しいビジネスモデルの普及が必要なのではないかと思います。インターネットの発達やblogの広がりはいい例ですね。厳しいようですが、出版サイドが印税とマージンだけで食べていく時代は終わったのではないでしょうか。ひとつのプランとして、読者が直接的に作家や出版社を支えるシステムなんてどうでしょう? 読者は好みのコミュニティ(ないし個人)の質・規模の維持拡大を期待して投資し、投資された側は出資者の期待に応えるよう努力する。そして成功した場合は出資者にリターンをする、という相互補完システム。商品そのものに対価を支払うのではなく、出版サイドに直接投資するという新しいラインの構築。資本の流入よって出版業界全体を活性化させる・・・。ふとした思い付きです。法律や業界の詳しい事情も分かりません。先ほどのプランにしても、ぱっと思いつくだけでも著しい質の低下に繋がりかねない危険性を含んでいるのが分かります。でもとにかく僕が言いたいのは、文化に対する危機意識が希薄なまま文化財という役割を担えるほど活字文化は薄っぺらいものではないだろうということです。書籍流通に関わるコミュニティ全てが活字文化を担っているという自負をもち、真摯に向き合ってほしいものです。こうした議論が今後さらに活性化することを期待します。

 取り返しのつくあいだに出版業界の再興が必要でしょう。文化そのものが衰退する前に。なんて深刻に&偉そうに書きましたが、衰退と再興とはシーソーゲームです。いずれは戻るでしょう。重要なのは戻り方。質の維持・向上を決定づけます。この点は未掲載の別エントリー「小説作法というジャンルについての私見」の方で扱う「バランス」という考え方にも通じることなので、後日目を通していただければ幸いです。
[PR]
by gogayuma | 2005-01-23 01:19 | 文芸/雑記