カテゴリ:文芸/日本現代( 2 )

☆☆☆+ 春江 一也『プラハの春』

プラハの春〈上〉
春江 一也 / 集英社
ISBN : 408747173X


 現役外交官が自らの実体験を元に、1960年代後半のチェコスロバキア民主化運動を描く。外交官という立場から眺めた世界は新鮮。そして登場人物一人一人が強烈な存在感をもつ。作者のこめる思いの強さが感じられる。恋愛小説というよりも歴史小説として評価されるべき作品だが、キャラクターの重みゆえに単なる歴史小説にとどまらない迫力がある。作者の本業ではない。当然、目に付くところは少なく無い。だがそれを斟酌してもこの作品を見ると、作中のような特殊な場合を除き、外交官がいかに暇であるかが窺い知れる。

 読んでいて痛切に感じられるのは個人の無力さだ。誰も歴史という大河に立ち向かえはしない。個人の行動は大河に一本の杭を打ち込むかのようなものでしかない。それを承知で自らの命を賭して生きた人々の姿は感動的である。歴史はその一本の積み重ねである。だが、同時にある種の諦念を感じずにはいられない。個人は大河全体を見渡すことはできないし、過ぎ去った流れは決して後戻りしない。個人の不幸があり、歴史の事実がある。

 来月、ウィーンを出発点として、この小説の舞台となったプラハにいく(この寒い時期に・・・)。作品中でも何度か言われている通りチェコは言葉の民である。古くはカフカ、チャペック、ハシェクがおり、最近では『存在の耐えられない軽さ』のミラン・クンデラがいる。この機会にすこし東欧の文学に触れようと思っている。
[PR]
by gogayuma | 2005-01-22 04:43 | 文芸/日本現代

☆☆☆ 日本現代『必読書150』 柄谷行人 他

必読書150
柄谷 行人 岡崎 乾二郎 島田 雅彦 渡部 直己 浅田 彰 奥泉 光 スガ 秀実 / 太田出版
ISBN : 4872336569


 一冊を選んで買う。書棚からその一冊を抜き出す理由は何だろうか?著者やタイトルや装丁あるいは帯の宣伝文ということもあろうし友人の薦めに従うということもあるだろう。

 下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。だが時間は鉄砲玉よりずっと貴重だ。それゆえブックガイドは(というよりなんであれ何かを選ぶ際にはガイドが)欠かせないと思う。多数の本を単純に並べたガイドを選ぶのも一つの手だけれど、オススメなのは自分の感性に近い人が特に思い入れのある本のリストを作り興味が持てそうなものから読むという方法。気に入ったならそこから派生して新たな方向に進みそうでなければ保留しておけばいい。

 僕はまだここまでの段階なのだけれども(自分の興味の拡大は十分にできる)自分の立場を固めたなら逆に自分の好みと異なるものをあえて選ぶという方法もある。これは視点を確立していないと批判のしようがないのでそれなりに高度な技術ではある。

 ここまで言ってきてこれから薦めるブックガイドはこういった自分の感性重視主義とは正反対の教養主義の権化とも言うべきもの。だがあえて薦めるだけの理由はある。

『必読書150』は王道路線の書物をプラトンの時代から集めたリストである。思想哲学と国内外の文学で古典が大半を占めるが時のふるいにかけられてなお残っているのにはそれなりの理由があると思う。夏目漱石も太宰治も三島由紀夫も村上春樹も原点は古典とも言えるのだ。教養的書物は「必読」とは言わぬまでも読んで損はないしまた自らが本当に読むべき本の宝庫でもある。次なるガイドへの橋渡しともなる。選者と選書に疑問は残るが類書を複数準備することでこうしたガイドものにつきものの欠点の大半はカバーできる。

 選者に作家も含まれた日本人によるブックガイドとして価値のある一冊。今後はこうしたブックガイドに半分くらいの重点を置いて更新していきたいと思っている。
[PR]
by gogayuma | 2005-01-22 04:27 | 文芸/日本現代