カテゴリ:映画/☆3未満( 2 )

☆☆+ 映画『海の上のピアニスト』ジュゼッペ・トルナトーレ監督

海の上のピアニスト
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ISBN : B0001J0BTK


 ビデオ屋でみかけた時に友人から薦められていたのを思い出し裏面を読むと『ニュー・シネマ・パラダイス』と同じ監督であることが判明。これは僕が一番好きな映画で次点は『ショーシャンクの空に』『ビッグフィッシュ』と続くのだがこれらはまたの機会に。

 演者の顔は主人公よりも敵役であるジャズ創始者の方が好き。主人公の悩む表情は決して悪くないけれど二人とも別の役柄をやらせても面白そう。とりわけ味を出しているのは進行役のコーン(トランペット吹き)。目はもちろん細かい表情の変化も見ていて飽きない。トランペットへの思いの移り変わりや主人公への思いの表現が絶妙で引き込まれる。

 帽子を投げたのは何かの意思表示だったのだろうが、いいから降りろと言いたい。理解できても共感は決してできない。弱い。有限を用いて無限の表現をする生。無限に飲まれたエンドレスの旅としての生。終末観のない「存在する人間」は後者を選ぶのではないか。
[PR]
by gogayuma | 2005-01-22 04:37 | 映画/☆3未満

☆ 映画『ハウルの動く城』宮崎駿監督

ハウルの動く城
ISBN : B00009B8MC


 日比谷スカラ座で見たが正直言って期待はずれ。映像は文句なしで光や炎は見たことのない描き方。音楽もすばらしくさすがは久石譲と思わせる。けれども、肝心の映画そのものが心に響かない。何を描きたいのかが伝わってこない。ストーリーの説明不足によるリアリティの欠如、そして対立軸の不明確さが致命的。無駄な展開と陳腐な結末。人形時のカブやカルシファーは好きになれるキャラ。だが監督が欲張りすぎ。事前勉強を推奨。
[PR]
by gogayuma | 2005-01-22 04:34 | 映画/☆3未満